黒ずみ対策お役立ち情報

黒ずみを作らない脱毛のやり方

お客様1

ムダ毛の脱毛をしていると、いつの間にか黒ずみができていた、という人もいます。 そのような状態になると、その黒ずみをきれいにするためにまた時間がかかってしまいます。そのようにならないためにも脱毛するときに黒ずみができない方法をきちんと知っておくといいです。 黒ずみができてしまう原因は、きちんと正しい方法で脱毛していないから、肌が傷ついてしまったから、毛根が残っているから、という場合が多いです。そのような場合は、自己処理で肌ケアをしてもなかなかきれいに黒ずみをなくすことができなくなってしまいます。 まず、脱毛するときにはその商品の使用方法をしっかりと確認することが大切です。なんとなくで使ってしまうと、肌が傷ついてしまいます。なので、黒ずみができたときは、まず、肌を落ち着かせることが大切です。 脱毛するときには、ムダ毛の生え方をきちんと見て、その生えた向きに沿ってワックスなどをはがします。それから、脱毛した後は、すぐに保湿をして肌を乾燥させないように気をつけます。保湿をしっかりとしておくことで、毛穴を引き締めることができますし、黒ずみの原因を取り除くことができます。 どうしても改善することができないときは、自分で脱毛するのをやめて、プロの施術を受けるようにしておくといいです。そうすることで、肌が傷つかなくなりますし、きれいな肌になることができるようになります。肌がきれいになるように、皮膚科に相談をしてみるのもいいです。

ページの先頭へ