黒ずみ対策お役立ち情報

肘の黒ずみに重曹は良いのか

お客様1

自分では見ることの難しい肘の黒ずみは、刺激や摩擦、圧力といったものが肌にかかることで起こります。大元の原因は角質層より深い位置に存在するメラニン色素で、色素沈着によって肌が黒色に寄ることで黒ずみとなります。若いうちは肌のターンオーバーが正常に働くことで、角質が少しずつ剥がれ落ち、それと同時にメラニン色素も除去されるようになりますが、年齢を重ねてターンオーバーが正常に働かなくなると、色素沈着が起こるようになるのです。そのため、肘の黒ずみを除去するのに最適な方法は、古い角質を取り除いてしまうのが良いということになります。角質除去にはボディスクラブといったものが有効ですが、代用品として食用や掃除など幅広い用途で活躍する重曹でも可能です。重曹は研磨材として使用することができ、細かい粒子によって汚れなどを除去するのと同様に、ボディスクラブと同じような効果が期待できます。また、地球にもやさしい天然物質であるため、肌への刺激といったものも考慮する必要はありません。ただし、重曹は使用目的によって粒子の大きさが異なり、例えば掃除用はクレンザーに近い研磨力を有しています。もしも肌に使用するのであれば、食用か医療用の粒子の細かいものを使用すると良いでしょう。また、スクラブ剤として作るなら、オリーブオイルなどで混ぜ合わせますが、比率は肌に使ってから重曹を減らすといった工夫が必要になります。あまり強い力でゴシゴシと擦ると、逆に刺激や摩擦を与えて黒ずみの悪化を招くこともあるため、使用には十分に注意しなくてはいけません。

ページの先頭へ